マンションと契約書

内示から着任まで期間がないならマンスリーマンションを契約!

博多への転勤が決まったものの、内示が出てから着任まで2週間しかないという場合、住居探しに苦労することになります。2週間で賃貸マンションやアパートを探して契約、そして引っ越しまで順調に進むというのは困難です。特に引っ越し時期とも被ると、1ヶ月以上を有することもあります。そこで、マンスリーマンション専門の不動産業者へ相談してみませんか?
博多転勤で、必要最小限の性格空間が確保でき水道光熱費を含め予算10万円以内という条件のマンスリーマンションも見つけることができます。1Kで家具家電付き、契約して即日入居可能な物件が、水道光熱費を含め8~9万円といった物件もあります。既に生活に必要なものが揃っているマンスリーマンションなら、遠方から博多に引っ越しする際でも必要最小限の荷物の移動だけで済みます。例えば、3~4月という場合で引越業者が手配できないという場合でも、衣類や必需品をダンボール詰めにして数個送るだけなら、数日で生活を始められます。また、マンスリーマンションは着任までの間も仕事で忙しく、調理器具や生活備品を買い揃える余裕がないという場合でも、備え付けになっていたり、販売サービスも行っています。そのため、忙しくて必要なものがなく、生活に困ることもありません。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP